発表文献


大川グループ      ≫江口グループ(PrMIR)

2017年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • So Yahata, Tetsu Onishi, Kanta Yamaguchi, Seiichi Ozawa, Jun Kitazono, Takenao Ohkawa, Takeshi Yoshida, Murakami Noriyuki and Hiroyuki Tsuji, “A Hybrid Machine Learning Approach to Automatic Plant Phenotyping for Smart Agriculture”, Proceedings of the 2017 International Joint Conference on Neural Networks (May 2017, to appear).

【研究報告/講演】

  • 辻博之,村上則幸,中村卓司,小澤誠一,大川剛直,“北海道におけるフルチアセットメチルの散布がダイズの収量に及ぼす影響”, 第243回日本作物学会講演会要旨集, pp.58-58 (Mar. 2017).
  • 八幡 壮,小澤 誠一,吉田武史,大川剛直,村上則幸,辻 博之,“大豆の生育情報を自動取得する画像センシング手法の開発”, 2017年度 人工知能学会全国大会(第31回)論文集 (May 2017, to appear).

2016年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • Kengo Matsumoto, Kenji Oyama, Takeshi Honda, and Takenao Ohkawa, “Extraction of interaction information between breeding cows with GPS and its application to estrus detection”, Proceedings of the 2016 International Joint Conference on Neural Networks, pp.2967-2972 (July 2016).
  • Yoji Hosomi, Kenji Oyama, Takeshi Honda, and Takenao Ohkawa, “A Method of Detecting Interaction Between Breeding cows from Time-series Bird’s Eye Pictures of Pasture”, Proceedings of the 2016 International Joint Conference on Neural Networks, pp.2973-2978 (July 2016).
  • Phan Thi Thanh Thuy and Takenao Ohkawa, “Protein-protein Interaction Extraction with Feature Selection by Evaluating Contribution Levels of Groups Consisting of Related Features”, BMC Bioinformatics, Vol. 17, Suppl. 7, pp.517-531 (July 2016).
  • Kohei Umejima, Fumihito Arimitsu, Seiichi Ozawa, Noriyuki Murakami, Hiroyuki Tsuji, and Takenao Ohkawa, “Optimal Pattern Mining from Time-Series Cultivation Data of Soybeans for Knowledge Discovery”, Proceedings of Joint Workshop on Time Series Analytics and Collaborative Agents Research & Development (in conjunction with the 29th Australasian Joint Conference on Artificial Intelligence), pp.19-24 (Dec. 2016).
  • Masaya Yatori, Takuma Mitsui, and Takenao Ohkawa, “Optimal Graph Detection with Summary Graph for Identification of Ligand-Binding Site from Protein Molecular Surface”, Proceedings of Biotechnology and Bioinformatics Symposium 2016 (Dec. 2016).
  • Hiroto Nishimura, Kento Sakaue, and Takenao Ohkawa, “Extraction of Protein Recognition Spots by Biclustering Considering Exclusive Selection of Column”, Proceedings of Biotechnology and Bioinformatics Symposium 2016 (Dec. 2016).
  • Kohei Tohyama, Daishi Yajima, Hiromasa Imaishi, and Takenao Ohkawa, “Prediction of Compound Toxicity from Enzymatic Reaction Patterns Based on Cell Survival Rate Curves”, Proceedings of Biotechnology and Bioinformatics Symposium 2016 (Dec. 2016).

【研究報告/講演】

  • 辻 博之,村上則幸,中村卓司,小澤誠一,大川剛直, “北海道ダイズの収量および収量構成要素に及ぼす除草剤薬害の影響”, 日本作物学会第241回講演会講演予稿集, pp.161-161 (Mar. 2016).
  • 八鳥真弥,三井拓真,大川剛直, “最適グラフ発見に基づく蛋白質表面からの結合部位抽出におけるグラフの抽象化”, 第108回MPS・第46回BIO合同研究発表会 (June 2016).
  • 遠山耕平,矢島大嗣,今石浩正,大川剛直, “細胞生存率曲線に基づくサブクラスの推定による酵素反応パターンからの化合物毒性予測”, 第108回MPS・第46回BIO合同研究発表会 (June 2016).
  • 西村宏人,阪上絢人,大川剛直, “蛋白質分子表面マッチングと項目集合からの排他的選択を考慮したバイクラスタリングを用いた重要特徴点抽出”, 第108回MPS・第46回BIO合同研究発表会 (June 2016).
  • 山下 歩,大山憲二,大川剛直, “ステレオカメラを用いた肥育牛の体重予測”, 平成28年 電気学会 電子・情報・システム部門大会 (Aug. 2016).
  • 梅島昂平,有満史人,小澤誠一,村上則幸,辻 博之,大川剛直, “知識獲得支援を目的とした時系列栽培データに基づく最適パターン発見”, 平成28年 電気学会 電子・情報・システム部門大会 (Aug. 2016).
  • 難波みどり,小澤誠一,村上則幸,辻 博之,大川剛直, “時系列栽培データから抽出された最適パターンの意思決定支援への適用”, 平成28年 電気学会 電子・情報・システム部門大会 (Aug. 2016).
  • Thi Thanh Thuy Phan, Takenao Ohkawa, and AkihitoYamamoto, “Protein-protein Interaction Extraction from Literature with Evaluation of Cross-corpus Learning”, 人工知能学会第101回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI) (Aug. 2016).
  • 山口 幹太, 小澤 誠一, 北園 淳, 吉田 武史, 大川 剛直, 村上 則幸, 辻 博之, “大豆の子実検知を行う画像センシング手法の開発”, 計測自動制御学会 第10回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会 (Dec. 2016).
  • 大西 哲, 北園 淳, 小澤 誠一, 吉田 武史, 大川 剛直, 村上 則幸, 辻 博之, “大豆の花検知と花数計測を行う画像センシング手法の開発”, 計測自動制御学会 第10回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会 (Dec. 2016).

2015年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • 伊藤 あずさ, 大川 剛直,“概念階層グラフを利用した検索意図の反映が可能な蛋白質構造解析文献検索手法”,電気学会論文誌C, Vol.135, No.3, pp.340-348 (Mar. 2015).
  • Azusa Ito and Takenao Ohkawa,“A Method of Searching for Related Literature on Protein Structure Analysis by Considering a User’s Intention”, BMC Bioinformatics, Vol. 16, Suppl. 7 (Apr. 2015).
  • Shuhei Arakawa, Takeshi Yoshida, Seiichi Ozawa, Takanori Fukao, Takenao Ohkawa, Noriyuki Murakami, and Hiroyuki Tsuji, “A Non-Destructive Measurement Method for Agricultural Plants Using Image Sensing”, Proceedings of The 17th International Symposium on Applied Electromagnetics and Mechanics, 2pages (Sept. 2015).
  • Shun Koyabu, Thi Thanh Thuy Phan, and Takenao Ohkawa, “Extraction of Protein-Protein Interaction from Scientific Articles by Predicting Dominant Keywords”, BioMed Research International, Vol. 2015, 13 pages (Nov. 2015).
  • Phan Thi Thanh Thuy and Takenao Ohkawa, “Protein-protein Interaction Extraction with Feature Selection by Evaluating Contribution Levels of Groups Consisting of Related Features”, Proceedings of Biotechnology and Bioinformatics Symposium 2015 (Dec. 2015).

【研究報告/講演】

  • 松本 健吾, 大川 剛直, 大山 憲二, 本多 健, “GPSを利用した放牧牛のインタラクション情報の取得とその分析”, 電気学会 第62回情報システム研究会, IS-15-001 (May 2015).
  • 細見 洋司, 大川 剛直, 大山 憲二, 本多 健, “放牧場の俯瞰動画データを用いた繁殖牛のインタラクション検出”, 電気学会 第62回情報システム研究会, IS-15-009 (May 2015).

2014年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

       
  • Natsumi Kurumatani, Hiroyuki Monji, and Takenao Ohkawa,“Binding site extraction by similar subgraphs mining from protein molecular surfaces and its application to protein classification”, International Journal on Artificial Intelligence Tools, Vol. 23, No. 3 (June 2014).
  • Takuma Mitsui and Takenao Ohkawa,“Binding Site Extraction by Detecting Optimal Graphs from Protein Molecular Surfaces”, International Journal of Bioscience, Biochemistry and Bioinformatics, Vol. 4, No. 1, pp. 28-32 (Jan. 2014).
  • Daishi Yajima, Takenao Ohkawa, Kouhei Muroi, and Hiromasa Imaishi,“Predicting Toxicity of Food-Related Compounds Using Fuzzy Decision Trees”, International Journal of Bioscience, Biochemistry and Bioinformatics, Vol. 4, No. 1, pp. 33-38 (Jan. 2014).
  • Azusa Ito and Takenao Ohkawa,“A Method of Searching for Related Literature on Protein Structure Analysis by Considering a User’s Intention”, Proceedings of Biotechnology and Bioinformatics Symposium 2014 (Dec. 2014).

【研究報告/講演】

  • 荒川 修平,吉田 武史,北園 淳,小澤 誠一,村上 則幸,辻 博之,深尾 隆則,大川 剛直,“画像センシングによる農作物の草丈推定に関する研究”,計測自動制御学会 第6回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会 (Dec. 2014).
  • 伊藤 あずさ, 大川 剛直, “概念階層グラフを利用した検索意図の反映が可能な蛋白質構造解析関連文献検索手法”, 電気学会 第58回情報システム研究会, IS-14-006 (May 2014).

2013年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • Keiko Nakajima, Takenao Ohkawa, Shiho Tanaka, and Toshio Ito, “Super-resolved 3D Reconstruction for Parking Assistance Using Projective Transformation”, Proceedings of the 19th Korea-Japan Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV 2013), pp. 300-304, Incheon, Korea (Jan. 2013).
  • Tomoki Aso and Takenao Ohkawa, “Method of Retrieving Articles on Protein Structure Analysis from User Intention”, International Journal of Bioscience, Biochemistry and Bioinformatics, Vol. 3, No. 3, pp. 182-186 (Mar. 2013).
  • Kazunori Miyanishi and Takenao Ohkawa, “A Method of Extracting Sentences Containing Protein Function Information from Articles by Iterative Learning with Feature Update”, Computational Intelligence Methods for Bioinformatics and Biostatistics, Lecture Notes in Computer Science, Vol. 7845, pp. 81-94 (2013).

2012年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • Kazunori Miyanishi and Takenao Ohkawa, “A Method of Extracting Sentences Containing Protein Function Information from Articles by Iterative Learning with Feature Update”, Proceedings of the Ninth International Meeting on Computational Intelligence Methods for Bioinformatics and Biostatistics (CIBB2012), Houston, Texas, USA (Jul. 2012).
  • Natsumi Kurumatani, Hiroyuki Monji, and Takenao Ohkawa, “Binding Site Extraction by Similar Subgraphs Mining from Protein Molecular Surfaces”, Proceedings of the IEEE 12th International Conference on Bioinformatics and Bioengineering (BIBE2012), pp. 255-259, Larnaca, Cyprus (Nov. 2012).
  • Shun Koyabu, Riku Kyougoku, and Takenao Ohkawa, “Method of Extracting Sentences About Protein Interaction from the Literature on Protein Structure Analysis Using Selective Transfer Learning”, Proceedings of the IEEE 12th International Conference on Bioinformatics and Bioengineering (BIBE2012), pp. 46-51, Larnaca, Cyprus (Nov. 2012).

【図書/解説記事】

  • 原 隆浩, 水田 智史, 大川 剛直, “アルゴリズムとデータ構造”, 共立出版 (Jun. 2012).

【研究報告/講演】

  • 車谷 奈都実, 大川 剛直, “3次元画像特徴量を用いた蛋白質分子表面比較”, 情報処理学会 第29回バイオ情報学研究会, Vol. 2012-BIO-29, No. 14 (Jun. 2012).
  • 小薮 駿, 大川 剛直, “複数の分類器に基づく半教師あり学習を用いた文献からの蛋白質間相互作用抽出”, 情報処理学会 第29回バイオ情報学研究会, Vol. 2012-BIO-29, No. 15 (Jun. 2012).

2011年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • Shiho Tanaka, Kenichi Yamada, Toshio Ito and Takenao Ohkawa, “Vehicle Detection Based on Perspective Transformation Using Rear View Camera”, International Journal of Vehicular Technology (Feb. 2011).
  • 三好 裕樹, 尾崎 知伸, 江口 浩二, 大川 剛直, “定量的アイテム集合付き単一グラフからの頻出パターンマイニング”, 人工知能学会論文誌, Vol.26, No.1, pp.284-296 (Jan. 2011).
  • Yuuki Miyoshi, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “Mining Interesting Patterns and Rules in a Time-evolving Graph”, Proceedings of the IAENG International Conference on Data Mining and Applications (ICDMA 2011), Hong Kong, China, (Mar. 2011).
  • Hiroyuki Monji, Satoshi Koizumi, Tomonobu Ozaki, Takenao Ohkawa, “Interaction site rediction by structural similarity to neighboring clusters in protein-protein interaction networks”, BMC Bioinformatics 2011, 12(Suppl 1):S39 (Feb. 2011).
  • Riku Kyogoku, Ryo Fujimoto, Tomonobu Ozaki, Takenao Ohkawa, “A method for supporting retrieval of articles on protein structure analysis considering users’intention”, BMC Bioinformatics 2011, 12(Suppl 1):S42 (Feb. 2011).

【研究報告/講演】

  • 中島 慶子, 田中 志歩, 大川 剛直, 伊東 敏夫, “射影変換を用いた単眼カメラ画像からの障害物の高さ情報推定”, 第14回 画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2011), IS4-1 (Jul. 2011)
  • 京極 陸, 大川 剛直, “文の接続関係を考慮した蛋白質構造解析文献からの相互作用記述文抽出方法”, 情報処理学会 第25回バイオ情報学研究会, Vol. 2011-BIO-25, No. 34 (Jun. 2011).
  • 文字 宏之, 大川 剛直, “タンパク質の立体構造情報と類似部分グラフマイニングを利用した結合部位の自動抽出に関する研究”, 情報処理学会 第25回バイオ情報学研究会, Vol. 2011-BIO-25, No. 35 (Jun. 2011).
  • 麻生 知希, 大川 剛直, “利用者の意図を考慮した概念的観点に基づく蛋白質構造解析文献検索手法”, 情報処理学会 第25回バイオ情報学研究会, Vol. 2011-BIO-25, No. 33 (Jun. 2011).

2010年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • Kazunori Miyanishi, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “A Method to Extract Sentences Containing Protein Function Information with Training Data Extension Based on User’s Feedback”, IPSJ Transactions on Bioinformatics, Vol.3, pp.82-90 (Oct. 2010).
  • 信田 正樹, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “内部および外部重みを考慮した頻出部分グラフマイニング”, 情報処理学会論文誌:データベース, Vol.3, No.2, pp.1-12 (Jun. 2010).
  • Shiho Tanaka, Kenichi Yamada, Toshio Ito, and Takenao Ohkawa, “Improvement of Distant Approaching Vehicle Detection Based on Perspective Transformation Using On-board Rear View Camera”, Proceedings of the 17th ITS World Congress, Busan, Korea (Oct. 2010).
  • Kazunori Miyanishi, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “A Method to Identify Protein Names with Iterative Extension of Training Data Set”, Proceedings of the 2nd International Conference on Bioinformatics and Computational Biology (BICoB-2010), Honolulu, Hawaii, USA (Mar. 2010).
  • Toshio Ito, Taiki Sekii, Shiho Tanaka, and Takenao Ohkawa, “Shape from Motion and Local Plane Assumption”, Proceedings of the 16th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2010), pp.18-23 (Feb. 2010).

【研究報告/講演】

  • 宮西 一徳, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “ユーザフィードバックに基づく訓練データ拡張を伴う蛋白質機能情報文抽出に関する研究”, 情報処理学会 第23回バイオ情報学研究会, Vol.2010-BIO-023, No.25 (Dec. 2010).
  • 信田 正樹, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “外部・内部重み付きグラフマイニングにおける評価尺度の比較”, 人工知能学会 第77回 人工知能基本問題研究会, pp.31-36 (Mar. 2010).
  • 柏木 潔, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “被覆集合に着目したグラフデータベースからの分割パターンの発見”, 人工知能学会 第77回 人工知能基本問題研究会, pp.19-24 (Mar. 2010).
  • 小泉 敏史, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “蛋白質-蛋白質相互作用ネットワークにおける周辺クラスタとの立体構造類似度を考慮した相互作用部位予測”, 人工知能学会 第77回 人工知能基本問題研究会, pp.1-6 (Mar. 2010).
  • 藤本 亮, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “概念的類似度の更新に基づく観点を考慮した蛋白質構造解析文献の検索支援”, 人工知能学会 第77回 人工知能基本問題研究会, pp.7-12 (Mar. 2010).

2009年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • Yuta Ashida, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “A comparative analysis of metabolic pathways based on metabolic steady states”, IPSJ Transactions on Bioinformatics, Vol.2, No.4, pp.83-92 (Sep. 2009).
  • Kazunori Miyanishi, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “Selection of Effective Sentences from a Corpus to Improve the Accuracy of Identification of Protein Names”, IPSJ Transactions on Bioinformatics, Vol.2, No.4, pp.93-100 (Sep. 2009).
  • 山本 翼, 三好 裕樹, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “複合構造グラフからの頻出強相関パターン発見 ”, 情報処理学会論文誌:データベース, Vol.2, No.3, pp.53-66 (Sep. 2009).
  • Tomonobu Ozaki and Takenao Ohkawa, “Efficient Discovery of Closed Hyperclique Patterns in Multidimensional Structured Databases ”, Workshops Proceedings of the 9th IEEE International Conference on Data Mining (ICDM 2009), Miami, Florida, USA, pp.533-538 (Dec. 2009).
  • Yuuki Miyoshi, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “Frequent Pattern Discovery from a Single Graph with Quantitative Itemsets ”, Workshops Proceedings of the 9th IEEE International Conference on Data Mining (ICDM 2009), Miami, Florida, USA, pp.527-532 (Dec. 2009).
  • Fumiya Nakagaito, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “Discovery of Quantitative Sequential Patterns from Event Sequences”, Workshops Proceedings of the 9th IEEE International Conference on Data Mining (ICDM 2009) Miami, Florida, USA, pp.31-36 (Dec. 2009).
  • Masaki Shinoda, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “Weighted Frequent Subgraph Mining in Weighted Graph Databases”, Workshops Proceedings of the 9th IEEE International Conference on Data Mining (ICDM 2009) Miami, Florida, USA, pp.58-63 (Dec. 2009).
  • Tomonobu Ozaki and Takenao Ohkawa, “Discovery of Correlated Sequential Subgraphs from a Sequence of Graphs”, Proceddings of the fifth International Conference on Advanced Data Mining and Applications (ADMA2009), Beijing, China, LNAI 5678, pp.265-276, (Aug. 2009).
  • Fumiya Nakagaito, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “Discovery of Quantitative Sequential Patterns from Event Sequences (Extended Abstract)”, Proceedings of the Sixth Workshop on Learning with Logics and Logics for Learning (LLLL2009), Kyoto, Japan, pp.35-42 (Jul. 2009).
  • Yuuki Miyoshi, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “Pattern Discovery from a Single Graph with Quantitative Itemsets (Extended Abstract)”, Proceedings of the Fourth International Workshop on Data-Mining and Statistical Science (DMSS 2009), Kyoto, Japan, pp.111-118 (Jul. 2009).

【図書/解説記事】

  • 古川 康一 編著, 植野 研, 諏訪 正樹, 森田 想平, 加藤 貴昭, 尾崎 知伸, 仰木 裕嗣, 藤波 努, 小林 郁夫, 西山 武繁 共著, 人工知能学会編, “知の科学 スキルサイエンス入門 -身体知の解明へのアプローチ”, オーム社 (Mar. 2009).

【研究報告/講演】

  • 宮西 一徳, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “コーパスからの文選択による事例集合拡張に基づく蛋白質名判定”, 情報処理学会 第19回バイオ情報学研究会, Vol.2009-BIO-10, No.38 (Dec. 2009).
  • 中垣内 郁也, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “出現区間と時間差に着目したグラフ系列集合からの部分グラフ系列パターンの発見”, 平成21年度情報処理学会関西支部支部大会, B-01 (Sep. 2009).
  • 信田 正樹, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “ユーティリティを考慮した重み付き部分グラフパターンマイニング”, 平成21年度情報処理学会関西支部支部大会, B-02 (Sep 2009).
  • 三好 裕樹, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “定量的アイテム集合発見による属性付き単一グラフマイニング”, 人工知能学会 第73回 人工知能基本問題研究会, pp.1-6 (Mar. 2009).
  • 中垣内 郁也, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “区間イベント集合に関する系列パターンマイニングの拡張”, 人工知能学会 第73回 人工知能基本問題研究会, pp.7-12 (Mar. 2009).
  • 竹内 正明, 宮西 一徳, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “距離の再定義を伴う事例選択を用いたタンパク質機能情報文抽出方式”, 情報処理学会 第16回バイオ情報学研究会, pp.9-12 (Mar. 2009).

2008年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • 尾崎 知伸, 大川 剛直, “拡張出現マッチングを用いた制約付きノイズ許容極小順序木パターンの発見”, 情報処理学会論文誌:データベース, Vol.1, No.3, pp.20-35 (Dec. 2008).
  • 尾崎 知伸, 大川 剛直, “グラフデータベースからの頻出相互関連部分グラフ集合の発見”, 人工知能学会論文誌, Vol.23, No.6, pp.514-525 (Nov. 2008).
  • 寒澤 佑介, 小林 宏樹, 大川 剛直, 伊東 敏夫, “動画像のフレーム合成による低解像度車両認識技術に関する研究”, 電気学会論文誌C, Vol.128, No.7 (Jul. 2008).
  • 山本 翼, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “構造データ集合からなるグラフデータベースからの頻出パターン発見”, 情報処理学会論文誌:データベース, Vol.1, No.1, pp.26-35 (Jun. 2008).
  • 尾崎 知伸, 大川 剛直, “限定的出現マッチを利用した逆単調制約付き頻出飽和順序木の発見, 人工知能学会論文誌, Vol.23, No.2, pp.58-67 (Mar. 2008).
  • Yuta Ashida, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “Reaction Structure Profile: A comparative analysis of metabolic pathways based on important substructures”, IPSJ Transactions on Bioinformatics, Vol.49, No.SIG 5(TBIO4), pp.36-45 (Mar. 2008).
  • Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohakawa, “Mining Correlated Pairs of Patterns in Multidimensional Structured Databases”, Proceedings of the 2008 IEEE International Conference on Data Mining Workshops, Pisa, Italy, pp.275-282 (Dec. 2008).
  • Tsubasa Yamamoto, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “Discovery of Internal and External Hyperclique Patterns in Complex Graph Databases”, Proceedings of the 2008 IEEE International Conference on Data Mining Workshops, Pisa, Italy, pp.301-309 (Dec. 2008).
  • Satoshi Koizumi, Keisuke Imada, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “Extraction of Binding Sites in Proteins by Searching for Similar Local Molecular Surfaces”, Proceedings of the Third IAPR International Conference on Pattern Recognition in Bioinformatics (PRIB2008), Melbourne, Australia (Oct. 2008) .
  • Tomonobu Ozaki and Takenao Ohkawa, “Discovery of Closed Hyperclique Patterns in a Sequence of Graphs”, The Third International Workshop on Data-Mining and Statistical Science (DMSS2008) (Sep. 2008).
  • Yusuke Kanzawa, Takenao Ohkawa, and Toshio Ito, “Proposal of low-resolution vehicle image recognition method”, Proceedings of 2008 IEEE Intelligent Vehicles Symposium (IV 2008), Eindhoven, Netherlands (Jun. 2008).
  • Tomonobu Ozaki and Takenao Ohkawa, “Mining Mutually Dependent Ordered Subtrees in Tree Database”, New Frontiers in Applied Data Mining: PAKDD 2008 International Workshops, Osaka, Japan, pp.75-86 (May 2008).
  • Tomonobu Ozaki and Takenao Ohkawa, “Mining Correlated Subgraphs in Graph Databases”, The 12th Pacific-Asia Conference on Knowledge Discovery and Data Mining (PAKDD 2008), Osaka, Japan, pp.272-283 (May 2008).
  • Hiroki Kobayashi, Toshio Ito, and Takenao Ohkawa, “Super-resolution Reconstruction Using Wavelet Transform”, Proceedings of the 14th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, Beppu, Japan, pp.260-265 (Jan. 2008).
  • Toshio Ito, Hiroki Kobayashi, Taiki Sekii, and Takenao Ohkawa, “Super-Resolution Reconstruction Using Wavelet Transform”, Proceedings of the 15th World Congress on Intelligent Transportation Systems and ITS America’s Annual Meeting (ITS2008), CD-ROM, 12 pages (Nov. 2008).

【研究報告/講演】

  • 宮西 一徳, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “関連データに基づく事例集合拡張によるバイオ文献からの蛋白質名判定”, 情報処理学会 第15回バイオ情報学研究会, pp.123-126 (Dec. 2008).
  • 芦田 優太, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “部分代謝構造を用いた代謝パスウェイの比較解析”, 情報処理学会 第15回バイオ情報学研究会, pp.131-134 (Dec. 2008).
  • Ryo Fujimoto, Kazunori Miyanishi, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “Interactive Retrieval of Biomedical Articles based on Multiple Similarity Measures”, the 2008 Annual Conference of Japanese Society for Bioinformatics (Dec. 2008).
  • 山本 翼, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “頂点の依存関係に基づく複合グラフデータベースからの特徴的パターンの発見”, 情報処理学会 関西支部 支部大会 pp.55-58 (Oct. 2008).
  • 関井 大気, 大川 剛直, 伊東 敏夫,“ウェーブレット変換の高周波数成分推定を用いた超解像処理手法の提案”, 情報処理学会 関西支部 支部大会 pp.221-224 (Oct. 2008).
  • 藤本 亮, 宮西 一徳, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “概念階層を用いたタンパク質構造・機能情報に基づく関連文献検索支援システムの構築”, FIT2008 第7回情報科学技術フォーラム(査読付き論文 ) 第2分冊, pp.31-34 (Sep. 2008).
  • 木内 康裕, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “グラフデータベースからの上位K強相関部分グラフ対の発見”, 人工知能学会 第69回 人工知能基本問題研究会, pp.13-17 (Mar. 2008).
  • 浜口 泰平, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “順序木データベースからの相互非類似パターン集合の発見”, 人工知能学会 第69回 人工知能基本問題研究会, pp.21-27 (Mar. 2008).
  • 芦田 優太, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “反応構造プロファイルによる異種生物種間代謝パスウェイ比較解析”, 情報処理学会 第12回バイオ情報学研究会, pp.9-16 (Mar. 2008).
  • 今田 圭亮, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “局所類似構造を用いた蛋白質機能部位発見に関する研究”, 情報処理学会 第12回バイオ情報学研究会, pp.25-32 (Mar. 2008).
  • 竹内 正明, 宮西 一徳, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “タンパク質機能情報文抽出規則の繰り返し学習における効果的学習順序の探索”, 情報処理学会 第12回バイオ情報学研究会, pp.33-37 (Mar. 2008).

2007年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • Nripendra L. Shrestha and Takenao Ohkawa, “Filtering Protein Surface Motifs Using Negative Instances of Active Sites Candidates”, Analysis of Biological Data: A Soft Computing Approach, pp.133-152 (Sep. 2007).
  • 尾崎 知伸, 大川 剛直, “制限付き最右拡張を用いた効率的な飽和順序木の発見”, 情報処理学会論文誌:データベース, Vol.34, pp.118-127 (Jun. 2007).
  • 田中 志歩, 伊東 敏夫, 大川 剛直, “時系列画像のエッジを利用した剛体仮定によるマッチング法の提案”, 電気学会論文誌電子・情報・システム部門誌, Vol.127-C, No.4, pp577-582 (Apr. 2007).
  • 尾崎 知伸, 渡沼 智己, 大川 剛直, “多次元構造データからの分類知識の獲得”, 人工知能学会論文誌, Vol. 22, No. 2, pp.173-182 (Mar. 2007).
  • Tsubasa Yamamoto, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “Discovery of frequent graph patterns that consist of the vertices with the complex structures”, The 3rd International Workshop on Mining Complex Data (MCD’07), Warsaw, Poland (Sep. 2007).
  • Kazunori Miyanishi, Masaaki Takeuchi, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “Iterative Learning with Feature Update for Extracting Sentences Containing Protein Function Information”. The 7th Atlantic Symposium on Computational Biology & Genome Informatics (CBGI 2007), SaltLake, USA (Jul. 2007).
  • Keisuke Imada, Yoshiki Miwa, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “Extraction of functional sites by iterative computation of protein-protein similarity by using important local structure and interaction networks”, 7th Atlantic Symposium on Computational Biology & Genome Informatics (CBGI 2007), SaltLake, USA (Jul. 2007).
  • Tomonobu Ozaki and Takenao Ohkawa, “Mining Frequent Delta-Free Induced Ordered Subtrees in Tree-structured Databases”, 5th Workshop on Learning with Logics and Logics for Learning 2007 (LLLL 2007), Miyazaki, Japan (Jun. 2007).
  • Tomonobu Ozaki and Takenao Ohkawa, “Efficiently Mining Closed Constrained Frequent Ordered Subtrees by using Border Information”, The 11th Pacific-Asia Conference on Knowledge Discovery and Data Mining (PAKDD 2007), Nanjing, China (May 2007).
  • Yasuhiro Kiuchi, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “Partial Geometric Hashing for Retrieving Similar Interaction Protein Using Profile”, The 4th International Conference on Information Technology (ITNG 2007), Las Vegas, Nevada, USA, pp. 89-94 (Apr. 2007).

【図書/解説記事】

  • 薦田 憲久, 大川 剛直, 秋吉 政徳, 大場 みち子, “ビジネスシステムのシミュレーション”, コロナ社 (Dec. 2007).

【研究報告/講演】

  • 小林 宏樹, 伊東 敏夫, 大川 剛直, “多重制約条件下での低周波成分を利用した超解像度技術についての考察”, 電気学会電子・情報・システム部門大会 (Sep. 2007).
  • 寒澤 佑介, 伊東 敏夫, 大川 剛直, “動画像のフレーム合成による低解像度車両認識技術に関する研究”, 電気学会電子・情報・システム部門大会 (Sep. 2007).

2006年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • Md. Ahaduzzaman Munna and Takenao Ohkawa, “A Method to Extract Sentences with Protein Functional Information from Literature by Iterative Learning of the Corpus”, IPSJ Transactions on Bioinformatics, Vol.47 No.SIG17 (TBIO1), pp.22-30 (Nov. 2006).
  • 野々村 祐介, 吉野 公一, 中江 達哉, 大川 剛直, “蛋白質-化合物複合体立体構造データに基づく類似相互作用蛋白質の検索方式”, 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用, Vol.47, No.SIG 1 (TOM14), pp.110-119 (Feb. 2006).
  • 清水 穣, Nripendra L. Shrestha, 大川 剛直, “類似表面結合処理の分割による蛋白質分子表面モチーフ抽出の並列化方式”, 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用, Vol.47, No.SIG 1 (TOM14), pp.120-129 (Feb. 2006).
  • Tomonobu Ozaki and Takenao Ohkawa, “Efficient Mining of Closed Induced Ordered Subtrees in Tree-structured Databases”, The Second International Workshop on Mining Complex Data (MCD’06) in Conjunction with IEEE ICDM’06, Hong Kong (Dec. 2006).
  • Tomoki Watanuma, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “Decision Tree Construction from Multidimensional Structured Data”, The Second International Workshop on Mining Complex Data (MCD’06) in Conjunction with IEEE ICDM’06, Hong Kong (Dec. 2006).
  • Hitohiro Shiozaki, Tomonobu Ozaki, and Takenao Ohkawa, “Mining Closed and Maximal Frequent Induced Free Subtrees”, Workshop on Ontology Mining and Knowledge Discovery from Semi Structured Documents (MSD 2006) in Conjunction with IEEE ICDM’06, Hong Kong (Dec. 2006).

【図書/解説記事】

  • 大川 剛直(分担執筆), “バイオインフォマティクス事典”, 共立出版 (Jun. 2006).

【研究報告/講演】

  • 尾崎 知伸, 大川 剛直, “制約付き頻出飽和順序木パタンの発見 (Discovering Constrained Frequent Closed Ordered Subtrees)”, The International Workshop on Data-Mining and Statistical Science, Hokkaido, Japan, pp.212-219 (Sep. 2006).
  • 唐崎 太, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “座標基準点探索による蛋白質相互作用プロファイルの抽出”, 情報処理学会 第6回バイオ情報学研究会, pp.57-62 (Sep. 2006).
  • 本田 徹也, 尾崎 知伸, 大川 剛直, 三橋 泰彦, 早福 朋芳, “例外的部分系列抽出によるビル空調システム故障予兆発見支援”, 平成18年 電気学会 電子・情報・システム部門大会 (Sep. 2006.9).
  • 田中 志歩, 伊東 敏夫, 大川 剛直, “仮想濃度勾配を用いた輪郭線の動き検出”, 画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2006), IS2-12 (Jul. 2006).
  • Pierre-Jean Martin, Shiho Tanaka, Toshio Ito, and Takenao Ohkawa, “Processing Range Flow with Optical Flow Combination -Virtual Scene Flow-”, 画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2006), IS2-37 (Jul. 2006).
  • 渡沼 智己, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “多次元構造データからの決定木の構築”, 第73回 人工知能学会知識ベースシステム研究会, pp.39-44, (Mar. 2006).
  • 塩崎 仁博, 尾崎 知伸, 大川 剛直, “根付き木パタン発見手法の拡張による高速飽和・極大自由木マイニング”, 第62回 人工知能基本問題研究会, pp.41-46, (Mar. 2006).
  • 山代 華子, 伊東 敏夫, 大川 剛直, 荻原 剛志, “スネークスを使った先行車両認識手法”, 電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会 (Jan. 2006).
  • 田中 志歩, 伊東 敏夫, 大川 剛直, 荻原 剛志, “仮想濃度勾配を用いたオプティカルフロー推定に関する研究”, 電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会 (Jan. 2006).

2005年

【ジャーナル/査読付き国際会議】

  • 三渕 裕之, 宮坂 房千加, 三橋 泰彦, 大川 剛直, “ビル空調の制御装置の診断システム”, 空気調和・衛生工学会論文集, No.101 (Aug. 2005).
  • 兼田 佳和, Md. Ahaduzzaman Munna, 大川 剛直, “蛋白質立体構造データを利用した文献からの蛋白質相互作用記述文抽出方式”, 電気学会電子・情報・システム部門誌, Vol.125, No.5, pp.690-697 (May 2005).
  • 沼 雅之, 兼田 佳和, 大川 剛直, “ゲノムネット検索を利用した文献内の固有表現同定方式”, 電気学会電子・情報・システム部門誌, Vol.125, No.5, pp.707-712 (May 2005).
  • 森田 想平, 古川康一, 尾崎 知伸, “PSアルゴリズムによる眼球追跡運動の検出”, 人工知能学会論文誌, Vol. 20,No. 3, pp.259-269 (May 2005).
  • 兼田 佳和, 沼 雅之, 大川 剛直, “テンプレートマッチングと照応解析を利用した文献からの蛋白質活性部位情報抽出方式”, 情報処理学会論文誌, Vol.46, No.3, pp.888-897 (Mar. 2005).
  • Mariko Matsumoto, Yusuke Nonomura, and Takenao Ohkawa, “Automatic profile extraction based on frequency distribution of atoms for retrieving similar interaction protein”, Proceedings of 5th International Conference on Intelligent Systems Design and Applications (ISDA2005), Wroclaw, Poland, pp.14-19 (Sep. 2005).
  • Yoshikazu Kaneta, Munna Md. Ahaduzzaman, and Takenao Ohkawa, “PROFESS, a system to support extracting protein function information from literature”, Proceedings of 6th International Symposium on Computational Biology and Genome Informatics (CBGI 2005) in Conjunction with JCIS 2005, Salt Lake City, Utah, USA, pp.1265-1268 (Jul. 2005).
  • Yusuke Nonomura, Kouichi Yoshino, and Takenao Ohkawa, “A method for retrieving protein with a local structure similar to known interaction site using profile”, Proceedings of 6th International Symposium on Computational Biology and Genome Informatics (CBGI 2005) in Conjunction with JCIS 2005, Salt Lake City, Utah, USA, pp.1307-1310 (Jul. 2005).

【研究報告/講演】

  • 吉野 公一, 大川 剛直, “蛋白質-化合物複合体の相互作用部位プロファイルを用いた類似相互作用蛋白質検索方式”, 情報処理学会第3回バイオ情報学研究会, pp.15-20 (Dec. 2005).
  • Md. Ahaduzzaman Munna and Takenao Ohkawa, “SVM-based Sentence Distinguishing in PROFESS, a System to Support Extraction of Protein Functional Site Information from Literature”, 情報処理学会第3回バイオ情報学研究会, pp.89-94 (Dec. 2005).
  • 桜井 洋平, Md. Adaduzzaman Munna, 大川 剛直, “PubMed検索結果を用いた文献からの蛋白質固有表現特定方式”, 平成17年電気関係学会関西支部連合大会, G12-11, p.G257 (Nov. 2005).
  • 松本 磨莉子, 吉野 公一, 大川 剛直, “類似相互作用蛋白質検索のための原子頻度分布に基づくプロファイル抽出方式”, 平成17年電気関係学会関西支部連合大会, G12-13, p.G259 (Nov. 2005).
  • 金城 敬太, 尾崎 知伸, 澤井 啓吾, 古川 康一, “相関ルールとネットワーク分析による時系列データからの知識獲得”, 第19回 人工知能学会全国大会 (Jun. 2005).
  • 古川 康一, 尾崎 知伸, 植野 研, “身体知解明へのアプローチ”, 第19回 人工知能学会全国大会 (Jun. 2005).
  • 兼田 佳和, 沼 雅之, Md. Ahaduzzaman Munna, 櫻井 洋平, 大川 剛直, “文献からの蛋白質機能部位情報抽出支援システムPROFESS”, 情報処理学会 第67回全国大会, 2TT1-3, pp.599-602 (Mar. 2005).
  • 兼田 佳和, Md. Ahaduzzaman Munna, 大川 剛直, “蛋白質立体構造データに基づく原子間距離情報を利用した文献からの蛋白質相互作用情報抽出方式”, 情報処理学会自然言語処理研究会, pp.37-44 (Jan. 2005).